So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【トランキーロ】2018年のライヴ鑑賞はどうすんのっ?! #2【あっせんなよ】 [日記]

さて、前回は2017年の総括をテーマに記事を書いたので、今日は2018年の個人的な展望のようなものを綴ります。

展望なんて大そうなことを言ってますが、要はどういう風に趣味を満喫するか?です(笑)。

今の時点での思いつきをバーッと綴ります。



まず今年はプライベートで人生における大切なイベントが控えていることもあり、去年ほど好き勝手な行動は出来なくなりそうな気はします。

現時点においても金銭的な余裕は全くない(苦笑)。

以前の日記で、「2018年はライヴ貯金をして東京へ海外のメタル・バンドのライヴを1本見に行く」と綴りましたが、現実的に既に結構厳しい気配(苦笑)。



さて、今年の僕のスローガンは、リップ・クリームの【Radical Mental Truth】から拝借して、



良いんじゃないッスカ?




・・・いやいや、決してふざけてるわけじゃありません。

つまり、何事もなるべく肯定していこう、ということです。

否定からは何も生まれません。

心を常にニュートラルにして、(良い意味で)どの方向へも行ける状態でいたいですね。

上手くいったらいったでそれに越したことはない。

ダメならダメでしょーがねぇ。

そんな感じ。

やっぱ執着心は疲れますから。



僕の趣味は音楽なわけですが、今年のライヴ鑑賞に関しては色んな意味で楽に見れるライヴに限定するつもりです。

開催場所やチケット競争率に無理がないライヴは行くつもりでいますし、去年のように市外や県外へ遠征してまでライヴを見に行く、というのは撤回するかもしれません。

せいぜい頑張って行くにしても、石巻、気仙沼、南相馬までだろうなぁ・・・

宿泊を含んだ遠征の場合、何だかんだで軽く2~3万円はふっ飛ぶもん(苦笑)。

八戸(八食サマーフリーライブ)なんて本音は行きたくても遠征費が掛かり過ぎて却下ですよ・・・

いずれにしても、今年は無理をする気はありませんね。

仙台でライヴをやってくれなかったら(ハブられたら)、残念ながらそのバンドとは今年は縁がなかったと思うしかない。



ただ、今年は一つ気になるイベントが仙台で開催されます。

それは・・・



spike shoes presents THE WAY OF THE DRAGON SPECIAL2018



・・・これ、かなりヤバイ。

地元仙台のバンドであるSPIKE SHOESが主催している企画【ドラゴンへの道】のスペシャル・ヴァージョンが6月に仙台PITで開催されるらしいんですよ。

現時点でのメンツが・・・



● ATATA

● あらかじめ決められた恋人たちへ

● ENDZWECK

● KEMURI

● G-FREAK FACTORY

STOMPIN' BIRD

● dustbox

● DUB 4 REASON

HAWAIIAN6

● FIVE NO RISK

SPIKE SHOES




・・・さすがスパイク主催。

らしい豪華なメンツが揃ってる!

これってまさに先月のジャンクボックスでハワイアンのドラムがやりたいって言ってた、仙台版ECHOESそのものじゃんッ!

やっぱバンド・メンバーが直接主催するフェスは違うわ。

以前、僕は、



> 一番良いのはバンドのメンバーが主催するフェスなんですよね。
>
> それだったら、同じ、もしくは似たジャンルのバンドがたくさん出てくれるから。
>
> さて、今年開催された宮城県内のあらゆるフェスの情報をチェックしましたが、残念ながらパンク系に強いフェスというのはないようです。
>
> 仙台住まいの僕としては、そんな現実が非常に残念です。
>
> こればっかりは僕個人の力でどうこう出来る問題じゃないもんなぁ・・・



過去ログ:【パンク系】ARABAKI ROCK FEST.18の第1弾ラインナップが発表されました【少なすぎ】より



> 彼がおっしゃってたように、ハードコア・パンク、パンク・ロック、レゲエ、ヘヴィ・メタル、メロコア・・・そういった要素のあるバンドをたくさん集めたライヴを、仙台で・・・正規のECHOESという形で見てみたい!
>
> ビッグ・ネームであるハワイアンが筆頭であれば、集客は充分に見込めると思いますし。
>
> 実際、今回のライヴ、かなりお客さんが入ってましたし、とても盛り上がっていましたよ。
>
> 仙台でもメロコアの需要は充分あると僕は感じました。



過去ログ:【仙台】HAWAIIAN6のレコ発ライヴに行ってきました【ジャンクボックス】より




・・・と綴りましたが、





「なんでこの街にはバンド主催のフェスが無いんだべね?仙台でもそういうのあったら絶対楽しいっちゃね!まぁ、、、いつかは自分達でやってみたいよねぇ。」

しかし他力本願では待てど暮らせどその日は訪れない。

THE WAY OF THE DRAGON SPECIAL | spike shoes presents THE WAY OF THE DRAGON SPECIAL2018 オフィシャルサイトより、引用






・・・やはり、バンドのメンバーも僕と似たような想いを感じていたというわけですよ。

そりゃそうですよね。

仙台・・・宮城県に住んでいるパンク・ハードコア好きだったら、誰でもそう思うはずです。

それをスパイクがやってくれそうです!

待望の仙台でのまともなパンク・フェス・・・やっと来るかッ!って感じですね。

スパイクだからこそ出来るんだと思います。

マジでスパイク様様だわ。

これは仙台のパンク~ハードコア・シーンの活性化に貢献することにもなるでしょうし、金銭面など色々大変な面は多いでしょうけど、これは何とか恒例化してほしいなぁ。

まぁ、まだ開催されていませんし、僕自身チケットが取れるかどうか分かりませんが・・・

チケットさえ取れれば、喜んで参戦させて頂きたいと思います!



・・・蛇足ですけど、ドラゴンへの道と言えば、僕が高校生の頃しょっちゅう行ってたライヴの一つでしたよ。

と言うのは、当時のドラゴンはsnuffy smile系のバンドをよくゲストで呼んでくれていたんですよね。

その頃と比べるとかなりデカいイベントに成長したなぁ、と思います。



さて、今年は他にはディジー・サンフィストのレコ発がありますね。

他の大物としてはLOW IQ 01か。

ここら辺は何とか押さえておきたいところですね。



仮にドラゴンへの道、ディジー、LOW IQ 01・・・全部行けたとして3つ。

年に大型のライヴが3つも見れれば充分と言えば充分。

あと期待しているのはバーランでのハードコア系のライヴ。

ハードコア系はレコ発だのあんま関係ない印象があるから、ひょっこり大物のジャパコア・バンドが来仙してくれるかもしれない。

そちらにも大いに期待。

今のところ、今年のライヴ鑑賞の展望はそんなところかな。

お金と時間に余裕があれば思いつきで気になるバンドのライヴに行くこともあるかもしれない。

まぁ、去年の下半期のように毎月のようにライヴに行くことはないでしょう。

実際どうなるか?はまだ全然分かりませんけどね。



P.S.



趣味とは違いますが、今年こそは勉強も始めたいですね。

今まで何だかんだでないがしろにしてしまっていたので・・・




■関連記事

・2017年を振り返って
・【トランキーロ】2018年のライヴ鑑賞はどうすんのっ?!【あっせんなよ】
・【仙台】HAWAIIAN6のレコ発ライヴに行ってきました【ジャンクボックス】
・エクストリームの仙台公演に行ってきました。青春は追体験出来るのか?
・【パンク系】ARABAKI ROCK FEST.18の第1弾ラインナップが発表されました【少なすぎ】
・【ハイスタの時代は】YouTubeでカッコ良いメロコアを見つけました【終わった?】
・【RAPPA】NEO CLENCH THE FISTに行ってきました【THE SLOWMOTIONS】




スポンサード リンク



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。