So-net無料ブログ作成
検索選択

レトロフリークでは物足りない方へ [趣味]

今日はTVゲーム・ネタをお送りします。

僕はオールド・ゲーマーです。
ファミコン、PCエンジン、メガドライブetcをテレビ・モニターで遊ぶ場合、色々な手段はあります。
実機で遊ぶ場合、液晶テレビに接続するにはHDMIコンバーター等が必要です。
HDMIに対応している互換機を使う手もあり、こっちの方が手っ取り早い。
代表的なのがレトロフリーク

Wii Uを始めとした任天堂ゲーム機であれば、バーチャルコンソール、プレステ3等であればゲームアーカイブスを利用してレトロ・ゲームが楽しめます。
ただし、全てのレトロ・ゲームが配信されているわけではないので、やりたいゲームが配信されていない場合、この方法は使えない。

他に考えられる手段はエミュレータです。
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータもLinux上でファミコンのエミュレータを動かしていると言われています。
上記のレトロフリークも実はGoogleのOSであるAndroid上で各種ゲームエミュレータを動かしているそうです。
僕は専門家じゃないので詳しいことは分かり兼ねますが、そのAndroidはLinuxを元に開発されたそうですよ。
Linuxというのは、WindowsやMacのようなOSの一つで、無料で使えるのが特徴です。

話を戻すと、スマホやタブレット上でAndroidのゲームエミュレータを起動し、Chromecastを使ってテレビにミラーリングする方法もあります。
しかし、僕が試したところでは操作遅延が酷くてとても遊べる状態ではなかった。
AndroidベースのOSが入っているらしい、Amazon Fire TVを利用する手もあるそうです。
他にも色々手段はあるでしょう。

僕は無難にレトロフリークがベターかと思います。
欠点もありますが、熱暴走は一応アップデートで対策済のようですし、ピン折れも接点復活剤や無水エタノールでクリーニングすれば大丈夫です。
僕のレトロフリークでは熱暴走は今のところ起きていませんし、よく話題になる操作遅延ですが、そんなに気にならない。
少なくとも、僕には感じられなかった(鈍感?)。

ただ、レトロフリークには別の意味で限界があるんです。
対応機種は多いんですが、残念ながらそれでも痒いところまでは手が届かない。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

今日は一日“超絶テクニカル・ギタリスト”三昧 [趣味]

昨日、ラジオのNHK-FMで、HR/HM向けのギタリスト好きには堪らない番組が放送されました↓

今日は一日“超絶テクニカル・ギタリスト”三昧 - 今日は一日○○三昧(ざんまい) - NHK

放送時間はお昼12時頃から、夜11時頃までの約10時間半!(途中で30分休止)
僕はリアルタイムで聴きつつ、録音してました。
こんだけピロピロ聴かされるとさすがに疲れるな(笑)。

ちなみにプレイリストはこちら↓

プレイリスト - 今日は一日○○三昧(ざんまい) - NHK

聴き流していた部分もあるので、その全てを正確に把握していたわけではなかったんですが、ショーン・レインやトッド・デューン辺りも押さえているところがかなりマニアック。
まさか、こんなのがNHKで流れるとはね(笑)。
まぁ、NHK-FMは過去にもハードロック・ヘヴィメタル三昧とか、伊藤政則氏のメタルゴッドJPとか、結構メタル系の番組は放送していましたけどね。

話を戻して、ここまで突っ込んで選曲するなら、個人的にはフランセスコ・ファレリラスティー・クーリー、チアゴ・デラ・ヴェガ辺りも加えてほしかったかな。

それと、解説でギターを演奏していたNON氏。
僕は全く知らなかったんですが、この方、かなりなんてレベルじゃないぐらい、ギターが上手い!
ジョージ・ベラスのギター・ソロを完コピしていました(!)
日本にもまだまだ凄テクなギタリストがいるんだな、と。
是非、ヤング・ギターの動画コンテンツに出演していただきたい。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヘヴィ・メタルという音楽を知ってみたい方にオススメなのがこの曲! [趣味]

久し振りの投稿です。
ネタがなくて・・・

今日は思いつきで僕のお気に入りのヘヴィ・メタルの曲を紹介します。

♪Outworld / War Cry


ヘヴィ・メタルとは、どんな音楽か?
その答えが知りたければ、上のビデオクリップをご覧下さい。
こういう音楽です(笑)。
このビデオクリップはヘヴィ・メタルの特徴を本当に上手く表現出来ている名曲だと思います。
まぁ、僕はメタルのことを分かっているようで全然分かってないので、偉そうなことは言えないんですが・・・

さて、このOutworldというバンド、知ったきっかけは超光速ギタリストのラスティー・クーリーが参加しているのを知ったのがそうでした。
彼の神業的な速弾きメタルギターを堪能したい方にはオススメです!
ラスティー並に速く弾けるメタル・ギタリストはそうはいないはずです。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

GENERATION AXE Japan Tour 2017の最終公演に行ってきました [趣味]

DSCN2442.jpg

4月7日の金曜日、ゼップ東京で行われたライブ、【GENERATION AXE Japan Tour 2017】に行ってきました(前フリはこちらです)。
去年から始まったらしいこの企画ですが、スティーヴ・ヴァイが主導となり、イングヴェイ・マルムスティーン、ザック・ワイルド、ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシの計5人が揃ってギター・バトルを繰り広げる内容です。
このメンツが同時に揃うなんて80年代だったら絶対にあり得ないので、今ならでは、といった感じでしょう。
4人の超老舗メタル・ギタリストと期待の新人(?)ギタリストを同時に見られるなんて、凄くラッキーなライブです。
しかも1階の立ち見であれば10,000円ですから超お得。

さて、開場前の外の様子です↓

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブルース・ギター(エレキ)も好きです [趣味]

最近、ギターの耳コピーにハマッている福郎です。
と言うのは、恥ずかしながら僕は曲を弾けない(苦笑)。
何故なら、いつも速弾きの練習(エクササイズ・フレーズ)だけで完結してしまっているからです。
本来であれば、曲を弾くのが目的のはずなのに、いつの間にかテクニックを磨くこと自体が目的になってしまったわけです。
これではマズイ。
それといつもエクササイズ的なフレーズしか弾いていないから、活きたフレーズを全く弾けない(苦笑)。

そこで高音質の耳コピ・アプリである『Transcribe!』を活用して、ちゃんと曲を覚えようと思ったんです(別にスコアを見ても良いんですけど、弾きたい曲のスコアがない 苦笑)。
このアプリを使えば速弾きギターもバッチリ(死語だね)聴き取る事は出来ますが、ストラトを手にしたこともあってか、ここは一旦、基本に戻ろうと思い、ブルース(・ロック)を最近よく聴いています。
メタリックな速弾きに比べればコピーが簡単だからです。
まぁ、これは飽くまでもフィンガリングやピッキングの物理的なスピードの事であって(例外的にフランク・マリノやゲイリー・ムーアは速いが)、ブルース特有のチョーキングやビブラート、タメの使い方等は速弾きとは違った難しさがありますけどね。

僕は純粋な黒人ブルースよりも、ホワイト・ブルースやブルース・ロックの方が好きです。
僕はブルースをとことん追求する気はないので。
それでもB.Bキングだけは大好きです!
何故なら、ギターが歌っているんですよ。
素人の僕でもそれが分かるぐらいですから。
歌うようにギターを弾くって、簡単なようで難しいと思います。
しかもアドリブで。
B.Bキングを聴いていると、

「そうそう、このコード上の1音半チョーキングが気持ち良いんだよ!」
「フレーズの最後は1オクターブ上のルート音で閉めるか!」

といったような箇所がよく出てきて・・・要するにツボを抑えたアドリブですよね。
そういう意味でも凄く上手い(美味い?)ギタリストだと思います。

黒人ブルース・ギタリストで特に好きなのはそんなB.Bキングぐらいかな。
白人だったら、やっぱりエリック・クラプトンです。
とにかくフレーズが分かりやすいし、時折交えるクラプトン特有の速弾きがまたカッコイイ。

スティーヴィー・レイ・ヴォーンはちょっとワン・パターンなところがあって(アルバート・キング風のフレーズをクドいぐらい使うので)、個人的には聴いててそこが飽きやすいんだけど、曲によってはアルバート・キングから脱した洗練されたフレーズを駆使してアドリブしますし、そういうところにカッコ良さを感じます。
感情が特に高まった時のゴリ押しの弾きまくりも彼らしくて好き。

あとはジョニー・ウィンター。
彼のアドリブにはワン・パターンというのがあまりない(ように僕には聴こえる)。
フレーズの組み立て方と言うか、起承転結をしっかり踏まえてのアドリブはクラプトンやスティーヴィー・レイよりも上手いと思う。
火が付いた時の速弾きも魅力的です。

そして、ゲイリー・ムーア。
ハードロックやフュージョンを通過しているだけあって、スイッチが入った時の速弾きが物凄い。
一番、僕好みかもしれないな。
もちろん、速弾きだけじゃなく、静と動の使い分けが上手いのもゲイリー・ムーアです。
ギターの泣かせ方も上手いからね、彼は。

ちなみに僕の初のブルース体験はジミ・ヘンドリックスのレッド・ハウスでした↓

続きを読む