So-net無料ブログ作成

自分の長所を見つける方法 [自己啓発]

さて、前回の日記で、セルフ・イメージと、潜在意識の重要性について、僕なりに綴りましたが、今のこの狂った現実を解決するためだったら、あらゆる手段を講じたい。

そこで、何気に、ふと浮かんできた言葉が、「さあ、才能に目覚めよう」でした。
どっかで聞いたフレーズだなぁ・・・と思っていたら、以前、amazonで、自己啓発書を検索していた時にヒットした書籍でした。

気になったので、レビューをチェックしてみると、この本、『ストレングス・ファインダー』という、WEBテストの方に大きな意味があるらしく、本を購入するか、あるいは、直接、ストレングス・ファインダーのサイトで申し込むと、受けられるらしい。

この、『ストレングス・ファインダー』
34の資質からなる人間の強みから、WEBテストを受けることで、その人に合った、上位5つの資質を割り出してくれる、というもの。
200万人のインタビュー調査を元に作成されたそうなので、それなりの信憑性はありそうです。
何だか、面白そうじゃないですか[ひらめき]

ということで、『さあ、才能に目覚めよう』を本屋さんで購入し、早速、僕はストレングス・ファインダーのWEBテストを受けてみました。

所要時間は、約20~30分程度。
一つの質問に対して、答えが2項目あるので、『自分は、どちら側か?』を、直感で選択していく、というものです。
質問の合計は、177項目あります。

・・・で、気になる結果は、こちら↓

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

セルフ・イメージと潜在意識 [自己啓発]

こないだの件がきっかけとなって(→ブラック企業に所属していたら、幸せにはなれない)、僕は、色々と考えてみました。

「今のこの流れは、どう判断しても、絶対におかしい・・・」

原因と結果の法則じゃないですけど、何かしらの理由があって、今の現実が狂っているんだと思います。
正直、運(ツキ)にも見放されているような気もします[もうやだ~(悲しい顔)]

余談ですが、今年、来年と、僕は、大殺界だそうです[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
しかも、僕は、『霊合星人』という、特殊なカテゴリーに当てはまるそうなので、ダブルで、大(中)殺界の影響を受けるとか[もうやだ~(悲しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
つまり、悪い時は、人一倍、悪い、というわけです・・・
まぁ、占いを過信するのも、どうかと思いますけどね。

とにかく、占いなんかに頼るまでもなく、日々の出来事を、よーく観察していれば、今の自分の運気なんて、分かりますよ[たらーっ(汗)]

・・・話を戻しましょう。
確かに、『運』というのも、現実を左右するんだと思います。
「運も実力の内」なんてことも言われるぐらいですし。

ですが、全てを運任せにして、受け身の姿勢でいるのも、いかがなものか?とも思います。
上手くいかないことは、全て、運のせいに出来ますし。

僕は、よ~く考えてみました。
何が原因で、僕を取り巻く現実がおかしくなっているのか?
端的に言えば、会社(ブラック企業)が、一番の原因なんですが、もっと深い部分、根本的な原因があるような気がしてなりません。

そこで、ふと思い出したのが、『セルフ・イメージ』です。
自己像とも言われています。
僕は、専門家じゃないので、詳しいことは語れませんが、要は、「自分で、自分の事をどう思っているのか?」ってことです。

認めたくはありませんが、おそらく、無意識レベルで、「僕は、ブラック企業でしか働けないレベルの人間なんだ」という、強い思い込みがあるんだと思います。
だから、なかなか、今の会社から抜け出せない。
ブラック企業への再就職が、連続3社目という事実を見ても、それが言えそうです。

・・・そうなんです、手っ取り早い解決方法は、そんなセルフ・イメージを、変えてしまうことなんですよ[exclamation]
長年掛けて築き上げてきたセルフ・イメージですから、瞬時に変えることは、さすがに出来ません。
ましてや、潜在意識なんて、意識(顕在意識)的にコントロール出来る代物じゃありませんから[あせあせ(飛び散る汗)]

最後に参考書籍をご紹介しますが、セルフ・イメージを変える方法として、最も効果的なやり方は、イメージ・トレーニング(らしい)。

・・・ですが、これが、なかなか、難しい[たらーっ(汗)]
望む未来、なりたい自分を、目を閉じて、鮮明に思い浮かべる・・・と言っても、そんなに簡単には浮かんできませんよ[ふらふら]
石井裕之氏は、「だったら、演じろ」と、おっしゃっています。

今、僕が試みていることは、とにかく、無意識にふと浮かんでくる感情や言葉を、いちいち、チェックすることです。
例えば、不安になっている時、ふと沸いてきた言葉を、出来る限り、客観的に観察します。

「・・・そういや、あの件、Aが原因で、きっとダメになるだろうなぁ[ダッシュ(走り出すさま)]

このように、ふと沸いてきた感情こそが、まさしく、潜在意識であり、セルフ・イメージそのものだと僕は思うのです。
分かりやすく言えば、自分の心のクセですよね。
それを、ポジティブなものへしていこう、と。
まずは、自分の心のクセを、客観的に把握することが、セルフ・イメージを変える、第一歩だと思うのです。

以下は、自分用メモとなります(モロに本音なので、最も、日記らしい内容です[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)])↓

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幸不幸は会社で決まる [自己啓発]

大胆なタイトルですが、今の僕の持論です。
今までの経験から、そう感じます。
もちろん、人それぞれ、色々な見方がありますから、会社以外の要素もありますよね。

僕は、人生で、特に重要な要素は、

①健康
②お金
③時間


この3つだと思っています。
で、②と③は、どうしても、仕事や会社が絡んでくるじゃないですか?
だからこそ、何の仕事をし、どんな会社に所属するか?は、人生を大きく左右する重要なポイントであり、決して、安易に考えるべきではありません。
・・・が、このご時勢、そうも言っていられない部分もあるのが現実でして、だから、僕を含めた多くの人間が葛藤しているのだと思います。

サラリーマンとして生きていく選択肢を選んだ場合、幸不幸は、会社次第です。
何故なら、会社への通勤は、当たり前ですが、毎日のことですし、毎日の積み重ねが人生を形作る以上、単刀直入に言えば、会社が自分の人生を形作ると言っても過言じゃありませんよね?

さて、今の僕はどうなのか?
幸不幸は会社次第であるならば、今の僕は、間違いなく不幸です。
毎日、苦痛を積み重ね続けているわけですから。
奴隷と一緒ですよ。
人生、一度きり、という視点で考えると、非常に勿体無いと、自分でも思います。
「しょうがない」の一言で、済ませたくもない。

僕は、どうも、サラリーマン体質は、性に合わないような気がするんですよね。
前々から、薄々、感じてきたことです。
サラリーマンだと、僕の場合、主体的に、働いているという感覚がなく、『働かされている』と感じてしまう。
これでは、当然、力を発揮することも出来ません。

逆に、自営であれば、全責任は自分で背負うわけですから、働かされているなんて感覚を持つ余裕はないでしょうし、嫌でも主体的にならざるを得ない分、やり甲斐も感じやすいように思います。

ブラック企業なんかで、嫌々、働くぐらいなら、自分が主体となって、自分の興味のある分野で可能性を試した方が、マシじゃない?
その方が、まだ頑張れる。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

人の行動パターンが変化する時とは? [自己啓発]

人の行動パターンが変化する時とは、どんな時なのでしょうか?

僕が尊敬する、石井裕之氏は、『人は、潜在意識(無意識)の影響で、良かれ悪かれ、今の現状を保とうとする』ことを説いています。
それを、彼は、『現状維持メカニズム』と名付けました。
苫米地英人氏の場合、それを、『ホメオスタシス』と呼んでいます。
僕の場合は、現状維持メカニズムの方が、分かりやすいですけどね[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

初めて、その現状維持メカニズムのカラクリを知った時は、それもう、エライ衝撃を受けましたよ、僕は[がく~(落胆した顔)][ぴかぴか(新しい)]
以前の日記でも、チラッと綴りましたが、

顕在意識は、現状打破したい
潜在意識は、現状維持したい


この2つが、常に、ぶつかり合い、葛藤を生んでいるわけですね。
最終的には、潜在意識の力の方が、勝るそうです。
だから、人は、変わりたくても(成長したくても)、なかなか、変われないのでしょう。
どれだけ意志の力だけで努力しても、なかなか成長出来ないことって、よくあるじゃないですか?

潜在意識の力を上手く使って、現状打破する方法について、興味のある方は、石井裕之氏や、苫米地英人氏の書籍等をチェックして下さい。
詳しく書かれていますから。

話を戻しましょう。
石井裕之氏の書籍等を参考にしながら、僕が感じたのは、人の行動パターンが変わるきっかけは、 『慣れ』と、『麻痺』だということです。

例え話としては、決して、よろしくはないのですが、分かりやすいので、敢えて取りあげますが、『万引き』なんかは、まさに、『慣れ』と、『麻痺』による、産物じゃないでしょうか?

誰だって、最初は怖い。
ですが、出来心で、ほんの少し、手を染めてみる。
すると、スリルを覚えるわけです。
そのギリギリのスリルが、段々、病み付きになり、最初は、些細な万引きが、感覚の麻痺により、いつしか、銀行強盗へと堕ちていく・・・

※ これは、飽くまでも、分かりやすい例え話なので、決して、こんな馬鹿な真似しないで下さいね[exclamation]
もちろん、僕は、犯罪行為を推奨しているわけではないので、誤解のないように
[exclamation]


・・・こういったことは、例えば、ギャンブルについても、言えるでしょう。
一言で言ってしまえば、『習慣』に尽きるんでしょうけど、良くも悪くも、習慣の力って、絶大ですよね[がく~(落胆した顔)][ぴかぴか(新しい)]

何が言いたいのか?と言うと、行動パターンを変えるには、一気にダイナミックなことをするのではなく、様子を見ながら、少しずつ、少しずつ、取り組むことのような気がするんです。
慣れてくると、「あ、これぐらいだったら、もうちょっとやれそうかな?」といった具合で、ほんのちょっとの成功体験が、次のステージへの挑戦意欲を、自然と生むじゃないですか?
跳び箱だって、最初からいきなり、6段だの、10段だの、飛べませんよね?
まずは、簡単に飛べる高さから始めます。

この考え方を、応用するわけですね。

もう一つ、現状維持メカニズムに拍車が掛かる原因として、現状を変えるために取り組む、対象の面倒臭さが挙げられます。
現状を変えるには、慣れないことに取り組まなければいけませんから。

慣れないことに取り組むのは、本当に面倒臭いものです。
この面倒臭さを乗り越える忍耐力があるか?が、現状打破するための、一番のキー・ポイントなのかもしれません。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

遂に、福郎は動き出した・・・ [自己啓発]

さて、6月になりましたけど、4月の日記(→今後の身の振り方を考える)で、

> でも、どんなに遅くても、6月からは、マジで、具体的なアクションを、水面下で起こしていかなければならないな・・・

・・・と、僕は綴りました。

過去ログをご覧頂ければお分かりのように、ここ2~3ヶ月間は、色々とバタバタしていたので、本当に自分がやりたい事の時間を、なかなか取れませんでしたが、そうです、もう6月になりました。

ようやく、重い腰を上げて、僕は動き始めましたよ。
僕は、現在、勤めている会社(ブラック企業)から、とにかく、一日も早く、脱獄したい。

人間、「楽をしたい」という理由では、本気にはなれません。
「苦痛から逃れたい」と、切実に思った時にこそ、本気になれるのです。


僕が大好きなミュージシャンは、こう、歌いました↓

「こんなヤツらに囲まれながら、こんなところにはいられねぇ!」

今回の、この小さな小さな第一歩が、第二歩に繋がり、それらの積み重ねが、やがて、近い将来、大きな収穫となることを信じて、僕はとりあえず出来るところまではやってみます[exclamation]
いえ、やるからには、最終的には上手くいかせたい[exclamation]
上手くいかせるんだ[exclamation]

ぶっちゃけ、それが達成出来ないと、僕には明るい未来は来ないでしょう・・・
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感