So-net無料ブログ作成
仕事・会社 ブログトップ
前の5件 | -

面接に行ってきました。が・・・ [仕事・会社]

今日はとある企業の面接に行ってきました。
正直、手応えはありませんでした(苦笑)。

面接の進め方は企業によって様々でしょうし、こればかりはその時になってみないと分かりません。
ある程度は事前に質問を想定して話す内容を把握しておく必要はありますが、出たとこ勝負するしかない。

今回の面接は、

続きを読む


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

近況 [仕事・会社]

ご無沙汰してます。
前々からずーっと考えていたことではあるんですが、いい加減今年はマジで転職しようと思っています。
労働条件、労働環境、人間関係・・・全ての面で日に日に悪化しているからです。

会社から帰宅後はお風呂に入ってご飯を食べて、就寝までの僅かな時間で色々と活動するわけですが、どうしても疲れと睡魔には勝てず、平日の転職活動は本当に難しい。
まともにやるなら休日だけというのが現状。

たとえ僅かでもゆっくりでも確実に前に進まなければ・・・

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

面接にさえ来れば誰でも正社員になれる? [仕事・会社]

久々の更新です。

それにしても当ブログの昨日のアクセス数がかつてない勢いで急にかつ、異常に伸びてました。
いつも100程度なんですが、昨日だけで589アクセス(!)
昨日だけってのも不気味ですが、「何のキーワードでアクセス増えたんだろう?」と思ったら、やはりと言うか案の定と言うか『PT3』の記事でした(僕、PT3持ってないのに・・・)。
それだけまだまだPT3の需要は高いってことなんでしょうね。

・・・それはともかく、今日は久し振りに職場の愚痴です(苦笑)。
僕の部署にMという男がいるんですが、コイツが本当にどうしようもないヤツで、さすがの僕もイライラが爆発した。
ちなみにこのMという男、僕と同期なんですが、若干、彼の方が入社が早いので一応、僕の先輩ではあります。

僕もあまり彼のことを強く言えない部分はあるんですが、とにかくこの男、早く帰りたがる。
必要最低限の仕事を完全に終わらせない。
自分の仕事だけが終わったら勝手にサッサと帰ってしまう。

その気持ちは分かりますよ。
僕もアンチ社蓄派なんで。
しかし、アンチ社蓄派の似たもの同士が同部署に二人以上いると、色々と不都合な部分も出てくる。

勤務の終盤、若干残っていた残務処理を手伝ってもらおうと現場内でMを探すがどこにもいない・・・
もしやと思い、事務所に行って彼のタイムカードをチェックしてみると、案の定、既に退勤してやがる(!)
ハァ?!と思ったね。
この時点で退勤していたのはMだけで、彼以外の正社員・・・いや、正社員どころか、パートさんも残っている。
パートさんですらまだ残って仕事してるのに、正社員であるMは勝手に一人でサッサと退勤。
どういう神経してんだ?コイツ。

何故、僕はキレたのか?
皆、まだ残っているのにヤツだけ一人で勝手に退勤した事実もそうですけど、彼が残務処理を手伝わないことで、そのしわ寄せが一気に僕自身にくることに一番腹が立つんですよ。
「Mさんがいないなら、じゃあ代わりに福郎さんが全部やってって」みないな流れになる。
しかも、Mが一人で勝手に帰っても誰も気にも留めない。
現場責任者すらもね。

ふざけんなよ、マジで。
僕だって早く帰りたいのに。
同じ出勤時間なのに、Mだけ勝手にサッサと帰って、僕は残って残務処理をやるハメになる。
仕事が終わった直後、Mに、

「一人でサッサと帰ってんじゃねーよ。皆、まだ残ってやってたんだぞ?明日からちゃんと残務処理してけよ」

といったSMSを送った。
反応もなく、昨日、直接M本人に、

「勝手に帰んなよ!誰が尻拭いしてると思ってんだ!?」

といったことを伝えた。
僕がキレるって、よっぽどだ。
同期とは言え、一応Mは僕より先輩なのに、後輩である僕が先輩に対して叱責って、マジで終わってる。

僕もアンチ社蓄派なんで、最後の最後まで仕事をしていくつもりはないんですが、それでも必要最低限の仕事だけはやっていってほしいんですよ。
自分の仕事が終わった時点で帰るんじゃなくてね。
残務処理が残っているか?の確認もしないで一人で勝手にサッサと帰るんだから、堪ったもんじゃない。
ましてや正社員なのに。

こういうMみたいなヤツですら、正社員なんですよ。
世の中には、面接にさえ来れば、誰でも正社員になれる(と思う)会社もあるということです。
その代わり、超ブラックだけどね(苦笑)。

もうこういうヤツと一緒に仕事したくないわ。。。
M以外にもロクなヤツいないし。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ブラック企業に所属していたら、幸せにはなれない [仕事・会社]

最近、混沌とした状況が続いている、福郎です。

その一番の原因は、仕事(会社)なわけです。
今週は、特に酷かった。

愚痴になってしまい恐縮ですが、新卒で入ってきた、女性の新入社員が、あまりにも、生意気過ぎる。
こっちが、注意すれば(一般的に判断しても、僕は正論を言ったつもりです)、人を馬鹿にしたような表情で、いちいち、口答えしてくるんですよね。
逆に言えば、僕自身が、ナメられているわけです。

衝突が起きれば、僕も含めて、誰だって、面白くない。
彼女も、僕に対して、相当、イラついていたでしょう。
ですが、仕事なんだから、返事ぐらいしろ、と。
すると、

「返事してますよ。福郎さんの声も小さくて、聞こえないんですけど?」

・・・と、切り返してくる始末。

マジで、何なの?コイツ。
こんなことは言いたくないですが、『○スは、性格まで○ス』という、良い見本かと。

もう一人。
最近、新たに入ってきた、30代前半の後輩。
彼も、生意気過ぎる。

仕事って、ある程度、自分の役割分担、担当が決まっているじゃないですか?
僕が、A担当で、彼が、B担当なら、基本的に僕がBに関与することはしません。
暇だったり、B担当がいない場合はともかく、AはAで忙しいんだから、Bまで僕がやる余裕はない。
そのための、担当分けなんですから。

にも、関わらず、彼は僕に対して、Bをやってくれても良いじゃないか?と反論してくる。

また、どうしても手が離せない業務って、ありますよね?
そんな業務をやっている最中に、彼は僕に用件を言ってくる。
あとから聞くと、その用件は、僕じゃなくて、他の人間でも良いような内容。

・・・状況を察しろ。
僕に頼んで、後からああだこうだ文句を言ってくるぐらいなら、最初から、他の人間に頼め。
コイツら、マジで、何様なんだ?
こっちは、先輩で、お前らは、後輩。
謙虚さというものがないのか?
繰り返しますが、要は、僕はナメられているんですよ。
僕が、ブチ切れて、大事(おおごと)にすれば、ヤ○ザまがいの主任が黙っちゃいない。

今週は、僕だけ6勤だったし、毎日、2~3時間の残業は当たり前だし、色んな意味で、本当に疲れました・・・

毎日通う、会社生活が不幸なら、それは人生の不幸にも繋がっていくと思います。
会社は、ちゃんと選ぶべきですが、色んな事情(社会背景・年齢・スキルetc)で、まともに選べない理由もあります。
それは、僕だけじゃないでしょう。
かと言って、このまま放っておくわけにもいきません。
今後の身の振り方を、改めて考えている、今日、この頃です。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

パワハラから解放されるために [仕事・会社]

今日は、深夜の日記(→【頼むから】キ●ガイ主任、ク●R.M【●●でくれ】)の続きです。

あれから、僕も色々と考えましたが、冷静に判断すれば、それなりの対処法はあります。
あまり、当てには出来ませんが、ク●R.Mの上司である、課長Kに相談する。

「彼のパワハラは、あまりにも酷過ぎる。これじゃ精神的に持たない」

といった具合で。

他には、玉砕覚悟の上で、ちゃんとク●R.Mと向き合って、話をする。
喧嘩腰ではなく、

「あなたのやっている事は、パワハラそのものです。部下の名誉や尊厳を、著しく、傷つける言動であり、立派な人権侵害ですよ。」

・・・といった具合でね。
僕は、いざとなったら、相手が誰であろうが、やります。
それで手を出してきたら、警察に通報して、彼と会社を訴えるまで。
常に、それぐらいの気持ちを持って望む覚悟を持つと、不思議と、心に少し、余裕が生まれます。


余談ですが、ちょっとネットで、パワハラについて調べたところ、会社には、

・安全配慮義務
・職場環境配慮義務


が、あるそうです。
前者は、雇い入れている従業員が安全に業務に従事できるようにするべき義務であり、後者は、社員が快適な環境で働けるようにするための義務だそうです。
これらを怠ると、債務不履行責任(民法415条)を問われるとか。

こういうのって、被害者にとって、強力な武器になりますよ。
いざとなったら、僕は、これらを提示します。
ク●R.Mが、どんな対応をするのか、ある意味、楽しみです。
強がって、「やれるもんなら、やってみろォ[exclamation]コラァ[exclamation]」と、粋がるのが、関の山でしょうけどね。

僕としても、正直、こういったことまでは、やりたくない。
だから、これらは、辞める決断をした時の、最終手段ですね。
まぁ、僕は、いつでも辞めてやる、という覚悟は、常に持っていますけど。

話は、全く、変わりますが、僕が尊敬する、石井裕之氏のツイッターをチェックしたんですが、まるで、今の僕を諭すかのような、非常に興味深いツイートをされていました。
う~ん、僕は、これを勝手に、シンクロニシティと思い込ませてもらいます。

そうなんですよね。
人間、いくら人から励まされても、辛い時は、やはり辛い。
鬱病の人に対して、『頑張れ』という言葉が、逆効果になるのと、似ているかもしれません。
皆が皆、メンタル・タフネスではないでしょう?
僕だって、どちらかと言えば、メンタルは弱い方です。

回復力の速さかぁ・・・
石井氏的に言わせれば、どうすれば、回復力が速くなるのか?と言うより、回復力を速くするために、何が出来るか?がポイントになるでしょう。

そう言えば、石井氏は、「今のこの状況が、自分にとって、プラスにならないと思ったら、遠慮なく、立ち去れ。出て行く勇気も必要だ」と、おっしゃっていました。

そうだよね。
でも、現実的に、お金の問題があるからね。
それについても、触れておられた、石井氏のおっしゃっていることは、真理です。
こういった、石井氏のアドバイスは、聞いているだけでも、凄く、精神的に楽になりますよ。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - 仕事・会社 ブログトップ