So-net無料ブログ作成

レトロフリークでは物足りない方へ [趣味]

今日はTVゲーム・ネタをお送りします。

僕はオールド・ゲーマーです。
ファミコン、PCエンジン、メガドライブetcをテレビ・モニターで遊ぶ場合、色々な手段はあります。
実機で遊ぶ場合、液晶テレビに接続するにはHDMIコンバーター等が必要です。
HDMIに対応している互換機を使う手もあり、こっちの方が手っ取り早い。
代表的なのがレトロフリーク

Wii Uを始めとした任天堂ゲーム機であれば、バーチャルコンソール、プレステ3等であればゲームアーカイブスを利用してレトロ・ゲームが楽しめます。
ただし、全てのレトロ・ゲームが配信されているわけではないので、やりたいゲームが配信されていない場合、この方法は使えない。

他に考えられる手段はエミュレータです。
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータもLinux上でファミコンのエミュレータを動かしていると言われています。
上記のレトロフリークも実はGoogleのOSであるAndroid上で各種ゲームエミュレータを動かしているそうです。
僕は専門家じゃないので詳しいことは分かり兼ねますが、そのAndroidはLinuxを元に開発されたそうですよ。
Linuxというのは、WindowsやMacのようなOSの一つで、無料で使えるのが特徴です。

話を戻すと、スマホやタブレット上でAndroidのゲームエミュレータを起動し、Chromecastを使ってテレビにミラーリングする方法もあります。
しかし、僕が試したところでは操作遅延が酷くてとても遊べる状態ではなかった。
AndroidベースのOSが入っているらしい、Amazon Fire TVを利用する手もあるそうです。
他にも色々手段はあるでしょう。

僕は無難にレトロフリークがベターかと思います。
欠点もありますが、熱暴走は一応アップデートで対策済のようですし、ピン折れも接点復活剤や無水エタノールでクリーニングすれば大丈夫です。
僕のレトロフリークでは熱暴走は今のところ起きていませんし、よく話題になる操作遅延ですが、そんなに気にならない。
少なくとも、僕には感じられなかった(鈍感?)。

ただ、レトロフリークには別の意味で限界があるんです。
対応機種は多いんですが、残念ながらそれでも痒いところまでは手が届かない。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム