So-net無料ブログ作成
検索選択

インサイド・ピッキングを使った速弾き [趣味]

今日は、久し振りに、エレキ・ギターの練習日記を綴ります。
一般的に、アウトサイド・ピッキングより、インサイド・ピッキングの方が難しいと言われています。



▼アウトサイド・ピッキング▼

1st  -----------12-----------
2nd -12-13-15-----15-13-12-



オルタネイト・ピッキングで、フレーズの頭をダウンピッキングで弾き始める場合、2弦15フレットはダウンピッキングになりますから、弦移動後の1弦12フレットは、当然、アップ・ピッキングになります。
これが、アウトサイド・ピッキングです。
ポール・ギルバートの十八番プレイですね。



▼インサイド・ピッキング▼

1st  -15-14-12-----------
2nd -----------15-13-12-



こちらも、オルタネイト・ピッキングで、フレーズの頭をダウンピッキングで弾き始めると、1弦12フレットは、ダウンピッキングになり、直後の弦移動がある2弦15フレットは、アップピッキングになります。
これが、インサイド・ピッキングです。

この、

1弦12フレット → ダウンピッキング
2弦15フレット → アップピッキング

・・・が、厄介なのです。
弦の内側からピッキングするのは、物理的に動きに無駄が出るからです。
当然、速くピッキングすれば、ミスやノイズも出やすくなります。

上記のような、弦移動が少ないフレーズならまだ良いです。
では、こんなフレーズの場合は、どうでしょうか?↓

続きを読む