So-net無料ブログ作成
検索選択

パワハラから解放されるために [仕事・会社]

今日は、深夜の日記(→【頼むから】キ●ガイ主任、ク●R.M【●●でくれ】)の続きです。

あれから、僕も色々と考えましたが、冷静に判断すれば、それなりの対処法はあります。
あまり、当てには出来ませんが、ク●R.Mの上司である、課長Kに相談する。

「彼のパワハラは、あまりにも酷過ぎる。これじゃ精神的に持たない」

といった具合で。

他には、玉砕覚悟の上で、ちゃんとク●R.Mと向き合って、話をする。
喧嘩腰ではなく、

「あなたのやっている事は、パワハラそのものです。部下の名誉や尊厳を、著しく、傷つける言動であり、立派な人権侵害ですよ。」

・・・といった具合でね。
僕は、いざとなったら、相手が誰であろうが、やります。
それで手を出してきたら、警察に通報して、彼と会社を訴えるまで。
常に、それぐらいの気持ちを持って望む覚悟を持つと、不思議と、心に少し、余裕が生まれます。


余談ですが、ちょっとネットで、パワハラについて調べたところ、会社には、

・安全配慮義務
・職場環境配慮義務


が、あるそうです。
前者は、雇い入れている従業員が安全に業務に従事できるようにするべき義務であり、後者は、社員が快適な環境で働けるようにするための義務だそうです。
これらを怠ると、債務不履行責任(民法415条)を問われるとか。

こういうのって、被害者にとって、強力な武器になりますよ。
いざとなったら、僕は、これらを提示します。
ク●R.Mが、どんな対応をするのか、ある意味、楽しみです。
強がって、「やれるもんなら、やってみろォ[exclamation]コラァ[exclamation]」と、粋がるのが、関の山でしょうけどね。

僕としても、正直、こういったことまでは、やりたくない。
だから、これらは、辞める決断をした時の、最終手段ですね。
まぁ、僕は、いつでも辞めてやる、という覚悟は、常に持っていますけど。

話は、全く、変わりますが、僕が尊敬する、石井裕之氏のツイッターをチェックしたんですが、まるで、今の僕を諭すかのような、非常に興味深いツイートをされていました。
う~ん、僕は、これを勝手に、シンクロニシティと思い込ませてもらいます。

そうなんですよね。
人間、いくら人から励まされても、辛い時は、やはり辛い。
鬱病の人に対して、『頑張れ』という言葉が、逆効果になるのと、似ているかもしれません。
皆が皆、メンタル・タフネスではないでしょう?
僕だって、どちらかと言えば、メンタルは弱い方です。

回復力の速さかぁ・・・
石井氏的に言わせれば、どうすれば、回復力が速くなるのか?と言うより、回復力を速くするために、何が出来るか?がポイントになるでしょう。

そう言えば、石井氏は、「今のこの状況が、自分にとって、プラスにならないと思ったら、遠慮なく、立ち去れ。出て行く勇気も必要だ」と、おっしゃっていました。

そうだよね。
でも、現実的に、お金の問題があるからね。
それについても、触れておられた、石井氏のおっしゃっていることは、真理です。
こういった、石井氏のアドバイスは、聞いているだけでも、凄く、精神的に楽になりますよ。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

【頼むから】キ●ガイ主任、ク●R.M【●●でくれ】 [仕事・会社]

今日は、珍しく、リアル・タイムで、ブログを更新します。
と言うか、そうしないと、どうしても気が治まらない出来事があったので。

テーマは、会社についてです。
5月に、『同じ会社なのに、こうも違うのか?』というタイトルで、日記を綴りましたが、前言、撤回します。
今回、僕が異動した部署が、一番、酷い。

まず、勤務時間が、コロコロコロコロと変わる。
朝9時~夕方6時が定時かと思えば、早番(朝7時~夕方4時)と、遅番(昼12時~夜9時)になる。
そうなったかと思えば、いつの間にか、早朝6時~ラストまでに変わった。

コロコロ変わると言えば、約1ヶ月ぐらい前のミーティングの時、ナンバー2である、Hが中心になって、僕のいる部署を動かしてもらう、という話があった。
ところが、その約半月後には、そのナンバー2であるHは、部署異動。
上層部の判断がク●過ぎて、空いた口が塞がらない。

話を戻しましょう。
勤務時間が、早朝6時~ラストまでになった、事の発端は、他部署とのトラブル。
それを間接的に聞いた、主任である、ク●R.Mが、激怒。
「当該部署の連中と対決する」とか、訳の分からないことを、言い始める。

要は、社員全員で、スタートからラストまで作業することで、他部署に文句を言わせないようにする・・・どころか、他部署から言いがかりを付けられたら、逆にその連中のあら探しをして、やり返す、というのが、ク●R.Mの魂胆。
最低だな、コイツ。
ですが、コイツの最低振りは、こんなものじゃない。

このク●R.Mという人間。
身長も高く、ガタイも良い。
学生時代、柔道か、ラグビーでもやっていたんじゃないだろうか?と思わせるような風貌。
それに加えて、雰囲気が、もうね、典型的な、D●Nなんですよ。
絶対、コイツ、学生時代、ヤンキーだったんだろうな。
元ヤンと言うか、良い年こいて、現役のヤンキーって、感じですよ。
ヤンキーと言うよりも、ヤ●●になり損ねた、成れの果て、という感じ?
だからこそ、職場内でしか、幅を利かせられないんでしょうし。

また、こんなことは言いたくはないですが、名前からして、そんな感じなんですよね。
見事なまでに、名前通りに育ったもんです。
まぁ、名前なんか知らなくても、その態度で、育ちは容易に想像が付きますが。

で、最悪なのが、案の定、超短気なんですよ。
少しでも、プライドを傷付けられると、尋常じゃない、キレ方をします。

彼だって、一応、社会人なんですよ?
ましてや、良い年したね。
普通の社会人であれば、いくら職場内でも、ある程度、身の程をわきまえた接し方をするものでしょう?
叱責するにしたってね。

ところが、このク●R.M、ヤンキー、ヤ●●、チ●ピラのように、凄んでくる。
ここまでくると、もはや、叱責というレベルじゃないですよ。
まるで、チ●ピラが、一般人に、脅しを掛けてくるような怒鳴り方。
目を丸くして、血相を変えて、一人、必死になって、叫んでいる。
例えば、こんな感じですね↓

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事