So-net無料ブログ作成

寝ながらテレビ鑑賞、読書、ゲームが出来るメガネを買ってみました [趣味]

DSCN2873.jpg

今日は福郎オススメの便利グッズのご紹介です。

事の発端は、雑誌ヤングギターを寝ながら読みたかったからです。
これが難しい。
部屋をどんなに明るくしても、床から紙面を照らすライトでもない限り、寝ながらの読書は出来ない。
最初はそんなライトを探していました。
フロアランプやアッパーライトで検索して探してみましたが、意外にない。
床から天井を照らすランプって需要がないのだろうか?
あったとしても、角度が最初から固定されていたりして、寝ながら読書するのに最適なランプにはなり得ない。

そこで照明器具は諦めて、他の方法を探して行き着いたのが、【寝ながら読書出来るメガネ】でした。

DSCN2874.jpg

メガネに反射鏡が付いていて、それで視界が下になる、というものです。
注意点としては、上の画像を見て頂いても分かるように、90度真下の視点にはなりません。
120度ぐらいでしょうか?

・・・で、実際に使ってみました↓

DSCN2870.jpg

これはTVゲームのXbox Oneの映像を見た時です。
実際は天井を向いていますが、視界はちゃんとテレビを捉えているのがお分かりかと思います。

こちらはテレビ番組を見ている時です↓

DSCN2872.jpg

肝心の読書も試してみましたが、まぁ悪くはないけど、本を胸元まで引き寄せた状態で読むような感じで何気に窮屈(メガネにズーム機能なんてあるわけないので、必然的にそうなってしまう)。
読書よりも寧ろテレビ鑑賞やゲームを楽しむ時が最高に捗りました。

寝ながらTVゲーム、これ、味わったことがない方は是非試してみて下さい。
僕は生まれて初めて体験してみましたが、マジで病み付きになります!

ただ、僕の部屋のテレビは22インチなので、メガネを通すとかなり小さく見えます。
22型以上のテレビだと快適でしょう。

デメリットは僕が購入したタイプは若干小さめ。
それとピントを調整する機能はないので、メガネの掛け具合で微調整するしかない。
あとは長時間の使用はやはり目が疲れます。

まぁ、安いんで、一度、物は試しで買ってみても良いとは思いますよ。
僕は1番目の安いタイプを買いましたが、2番目のサイズが選べる方をオススメします↓



P.S.
ちなみに僕の場合、床に仰向けになって使ったわけではありません。
背もたれを180度まで倒せるリクライニング・チェアの上で仰向けになって、背もたれの角度を調節した上で使ってましたので、テレビの高さ等も考慮の上、ご使用下さい。


スポンサード リンク



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。