So-net無料ブログ作成
検索選択

雷電Vのダウンロード版を1,000円弱で購入しました [日記]

raiden5xboxone.jpg

1日までXbox One版の雷電Vが、セール価格の1,107円で販売していました。
最初、ちょっと迷ったものの1,000円程度だったら買っても良いな、と思い購入。
前から気にはなっていたので。

ちなみに買ったのはパッケージ版ではなくて、ダウンロード版です。
僕、ダウンロードでゲームソフトを購入するのは、実は今回が初めて。
古い人間なんで、やはりパッケージで買いたいんですよね、基本的には。
それについては、後ほど詳しく触れます。

DSCN2841.jpg

・・・あ。
Xbox Oneにはスクリーンショット機能があるみたいなんですが、やり方が分からないので(笑)、デジカメで撮影。
そっちの方が手っ取り早い(笑)。

DSCN2846.jpg

今回、初めてやりましたけど、それなりに面白い。
僕は前作であるIVを知らないから比較も出来ないし。
確かに映像が綺麗であるが故に、自分の弾と敵の弾の判別がしづらいのはあります。
でも1,000円程度であれば許容範囲ですね。

あと、評判通りと言うか、Xboxのコントローラーは操作しやすいように改めて思いました。
特にアナログ・スティックが。
微妙なコントロールが効くので敵の弾を避けやすい。
飽くまでも僕の主観です。

さて、ゲームのパッケージ版とダウンロード版についてですが、正直、難しいです。
どちらにもメリットとデメリットがあるからです。

パッケージ版のメリットは形として残せる点。
ダウンロード版はデータが吹っ飛んだら終わりです。
まぁ、購入履歴が残っていれば再ダウンロードは出来ると思いますが。

逆にパッケージ版のデメリットは、インストール完了後もいちいちディスクを入れて認証させなきゃいけない点。
レトロフリークのように、ゲームデータを本体やSDカードにインストールしたら、あとはカートリッジ不要!とはいかないんですよね。

と言うか、パッケージ版をネット通販やリアル店舗で買っても結局、データを(フル?)インストールしなきゃいけないんだとしたら、最初からダウンロード版を買った方が手っ取り早かったりする。
だって、要はパッケージ版は単なるインストール&認証用ディスクって事でしょ?

僕は最初、ハードにインストールなどせずに、毎回ディスクからゲームデータを読み込むもんだと思っていたので・・・

クドいようですが、ディスクは飽くまでもインストールと認証用に過ぎないのであれば、ネットに接続出来ない方を除けば別にダウンロード版で良くね?って突っ込みたくなってきた(苦笑)。
でも、Xbox OneやPS4のユーザーでネット回線を整えていない人なんてほとんどいないだろう。
前者は初回起動時はネット接続が必須だし、いちいちネットカフェでそんなことをやる新規Oneユーザーなんて本当に稀だろうし。
それを踏まえると、確かに、「もう今後は据え置きゲーム機に光学ドライブなんていらねーじゃん!」ともなりかねないな。

話を戻して、さらに僕が感じるパッケージ版のデメリットは、光学ディスクである以上、当然、本体のピックアップ・レンズにも多少なりとも負担が掛かる。
まぁ、認証させるだけであれば毎回ディスクの読み込みはしないとは思いますし、デメリットと言う程ではないのかな。

・・・とまぁ、そんなわけで別にパッケージ版に拘る必要はないと思えるようになりました。
最近のゲームは説明書すら同梱されていないし(苦笑)。
いやいや、パッケージ版なら中古で売れる!とは言ってもXboxだからねぇ・・・
でもそれもパッケージ版のメリットの一つではありますよね。
つまらなかったら売り飛ばせば良いけど、ダウンロード版ではどうしようもない。
それがダウンロード版の2つ目のデメリットだなぁ。
でも、最近は体験版もありますから、「面白かったら製品版を買ってダウンロードしてね♪」ってことですね。

それと今回の雷電Vのように、パッケージ版とダウンロード版の場合、購入価格に大きな差が出ることがあります。
パケ版だとセール価格でも5,000円ぐらいしますが、ダウンロード版だと今回のように期間限定で破格で買える場合があります。
そうなると、パケ版を買うのが馬鹿らしくなる。
だって全く同じ商品なのに、パケ版が5,000円でダウンロード版が1,000円なら、余程の拘りがない限り後者を選択するでしょ、普通。
鉄拳7も確かダウンロード版の予約特典として、鉄拳6のダウンロード版プレゼントとかあったはず。
このように何かとダウンロード版の方が恩恵を受けやすい。

あとはパッケージ版が店頭では売り切れてても、ダウンロード版ならそんなの関係ない。
360版の雷電IVが良い例です。
ましてや、中古でもプレミア価格になっていますし。
それもDL版ならではのメリットですよね。

・・・こうして考察してみると、パケ版はメリットよりも寧ろデメリットの方が多いのかもしれません(苦笑)。

それでも僕は(今のところは)基本的にはパッケージ版を購入しますが(Xboxのゲームはだいたい近所のゲオかヤフオクかアマゾンで安く買うので)、今回の件を機に状況によってはダウンロード版も選択肢に入れるようにします。
中にはダウンロード専売なんてのもありますから。
多分、外付けハードディスクを買ったらダウンロード版がメインになるような気はします。
ゲーム毎にディスクの入れ替えしなくて良いから楽ですし。

最後に、Xbox Oneに関して言えばダウンロード版がメインになっても良いように個人的には思います。
何故なら、あまりにも不人気過ぎてリアル店舗では気軽にパッケージ版を買えないからです(苦笑)。
そう、お店側もXboxの商品を積極的に取り扱う気がないんですよね・・・
そういう事情を察すれば、寧ろDL版をメインにした方が良いのかも。

P.S.
それにしても、鉄拳7は発売日にさっさとダウンロード版を予約購入しておくべきだったと後悔しています(苦笑)。
まぁ、360版の鉄拳6を中古で300円程度で買ったから別に良いんですけどね。




■関連記事

・Xbox Oneは独占タイトルで遊びたい人が買えば良い




スポンサード リンク



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。