So-net無料ブログ作成

GENERATION AXE Japan Tour 2017の最終公演に行ってきました [趣味]

DSCN2442.jpg

4月7日の金曜日、ゼップ東京で行われたライブ、【GENERATION AXE Japan Tour 2017】に行ってきました(前フリはこちらです)。
去年から始まったらしいこの企画ですが、スティーヴ・ヴァイが主導となり、イングヴェイ・マルムスティーン、ザック・ワイルド、ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシの計5人が揃ってギター・バトルを繰り広げる内容です。
このメンツが同時に揃うなんて80年代だったら絶対にあり得ないので、今ならでは、といった感じでしょう。
4人の超老舗メタル・ギタリストと期待の新人(?)ギタリストを同時に見られるなんて、凄くラッキーなライブです。
しかも1階の立ち見であれば10,000円ですから超お得。

さて、開場前の外の様子です↓

DSCN2437.jpg
↑グッズ売り場はこのような長蛇の列

DSCN2439.jpg


DSCN2440.jpg
↑まだまだ人はまばらですが、この後、物凄い人だかりになります

開演前のステージの様子です。
VIP席というのが予め用意されていて、そのお客さんはステージ上に上がって記念撮影をしていました。

DSCN2444.jpg
↑幸い、僕は1階立ち見席の整理番号がかなり前の方だったので、
最前列のちょっと後ろら辺で場所を取ることが出来ました

DSCN2446.jpg
↑後方を見てみればもう満員です

DSCN2447.jpg
↑よく見たらギターのオブジェクトが飾られています

さて、ライブですが最初は5人全員が揃ってスタート。
その後、トーシン・アバシ → ヌーノ・ベッテンコート → ザック・ワイルド → スティーヴ・ヴァイ → イングヴェイ・マルムスティーンの順番で演奏し、最後は5人揃ってディープ・パープルのハイウェイ・スターを演奏という形でした。
そんな中でもギタリストが入れ替わる直前、トーシン・アバシとヌーノが競演、ヌーノとザックが競演、ヴァイとインギーが揃ってブラック・スターを演奏など見どころも満載。

トーシン・アバシはアニマルズ・アズ・リーダーズのフロント・マン。
黒人ギタリストです。
黒人のメタル・ギタリストと言うと、リヴィング・カラーのヴァーノン・リードを思い出しますが、ヴァーノンほどロック色は強くない印象。
トーシンは主にタッピングとスウィープ・ピッキングを多用。
パフォーマンスがほとんどないので、大人しい感じはしましたが、テクニックは凄く、安定した演奏をしていました。

ヌーノ・ベッテンコートはエクストリームのギタリスト。
僕は去年、仙台でライブを観ました。

内容はエクストリームのギター・ソロをメドレーで演奏。
ただ個人的には、POPULATION 1の【Exit】を演奏してほしかったが今回もそれは叶わず。。。

次はザック・ワイルド。
オジー・オズボーン・バンドや自身のバンド、ブラック・レーベル・ソサイアティで活動中。
僕はザックを見るのはこれで3回目。
最初は2001年に渋谷クアトロにブラック・レーベル・ソサイアティで来た時。
次はオジー・バンドが2002年に日本武道館に来た時です。
20代の頃は特にザック・ワイルドが好きだったので。

今回は主にブラック・サバスの曲を演奏。
彼は今、ザック・サバスという企画もののバンドをやってるようですからね。
ジミヘンのLittle Wingもカバー。
5人のギタリストの中で、ザックが一番キレが凄かった。
彼らに触発・感化されたんでしょう、速弾きがハンパじゃない。
ザックのテクニックが進化しているのを目の当たりにしました。
ただ、ちょっとやり過ぎな感じもしましたが、そこら辺もザックならでは。

次はスティーヴ・ヴァイ。
今回、僕が一番見たかったギタリスト。
最近、彼のアルバムのファイアーガーデンとウルトラ・ゾーンをよく聴いているので。
初めて見ましたが、ありきたりな表現で言わせてもらうと、ギターのマジシャンといった感じ。
総合的なテクニックはもちろん凄いんですが、やっぱり彼はアーミングを駆使するタイプなんだな、と改めて感じました。
ファイアーガーデンの曲を1曲もやってくれなかったのは残念。

次はインギー。
彼も初めて見ました。
パフォーマーですね。
速弾きはもちろん凄いのですが、僕が特に凄いと思ったのはヴィブラート。
安定してウネウネと音を揺らす彼のヴィブラートが特に印象に残りました。

その後は冒頭でも綴ったように、インギーとヴァイがブラックスターを演奏した後、インギー抜きで皆で曲を演奏、ラストはインギーがヴォーカルを取って、ディープ・パープルのハイウェイスターを全員で演奏して終了しました。

DSCN2481.jpg


DSCN2495.jpg


DSCN2499.jpg


DSCN2500.jpg

19時過ぎにスタートして、終了したのが22時20分頃だったので、3時間弱かな。
ヴァイが演奏中、僕は腹が痛くなってきて(苦笑)、焦りながら見てましたが何とか持ちこたえました。

さて、物販ではライブ開始前に僕はヌーノの来日記念Tシャツと、今回のジェネレーション・アックスのワールド・ツアーTシャツ、インギーの1stアルバムのジャケTシャツを購入しました。
良い記念になります↓

DSCN2540.jpg

残念ながら、ツアー・パンフレットは売っていませんでした。

総括としてはヴァイが主催したということもあって、G3のバージョンアップ版といった感じでしょうか。
僕はG3のライブは見たことありませんが。
ヴァイがいなければ今回のギタリストが同時に揃うことはあり得なかったでしょうし、彼には感謝です。
何より、ヴァイ自身が一番楽しんでいたでしょうね。

P.S.
今回、東京に行ってきたので、ライブのついでにあちこち観光なり買い物してきました。
時間に余裕が出来た時、随時、アップします。


■関連記事

・エクストリームの仙台公演に行ってきました。青春は追体験出来るのか?
・超絶技巧派ギタリスト、ガスリー・ゴーヴァン仙台公演に行ってきました
・執着心を手放すことのデメリットもある
・ブックオフで、インギーのプレミア本を100円で購入しました
・【天才ギタリスト】アル・ディ・メオラ VS スティーヴ・ヴァイ【夢の共演】




スポンサード リンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました