So-net無料ブログ作成
検索選択

結局、Xbox One本体を買っちゃったよ・・・(※ 長文です) [趣味]

DSCN2360.jpg

前回の日記の続きです。
結局、こないだのAmazonのセール(19,800円)で、Xbox One(旧型)買っちゃいました。。。
ちょっと早い、自分へのクリスマス・プレゼントです(苦笑)。
おそらく、いずれはS型も19,800円で投げ売りしそうな気はしますが、それはまだまだ先の話でしょう。

さて、安さに釣られて買ってはみたものの、正直言って、やりたいゲームが本当にないんだよなぁ・・・
せっかく買ったからフォルツァは購入するつもりですけど、この雰囲気だとフォルツァ専用機になり兼ねない。

それでは、早速、本体のセットアップから。
Xbox Oneの場合、初回起動時はネット接続が必須らしいです。
これも時代の流れですかね。
僕はオフライン専門派なので、ゲームをプレイする際はネット接続なんて全く必要性を感じませんが。

それはそうと、Xbox Oneって色々な面で融通が利かない。
まず本体操作のマニュアルが付属していない。
取扱説明書は付属しているんですが、注意事項の文章だけが細かくビッシリ書かれているだけ。
図は一切なし。
こんなん読まねーよ。
そして、『かんたんセットアップ』というペラペラな紙も入っているが、ハッキリ言って読まなくても良いレベルの内容。
セットアップ完了後、ホーム画面に切り替わった時、コントローラーの操作に困った。
僕は360も持っててレイアウトが似ているからその感覚で操作してるけど、細かい部分までは分かんないし。。。
特にEdgeというブラウザが使いにく過ぎ。

それと、今回ロストオデッセイの無料プレゼントがあったので(後ほど詳しく触れます)ダウンロードしようとしたら、無料でも支払い方法の登録が必要らしく(0円で購入という扱い?)、これがまた超面倒臭い。
色々調べながら作業したので、この登録だけで1時間は掛かった。
オンラインマニュアル、分かりにく過ぎ!
しかも、クレカの登録完了したにも関わらず、一向にダウンロード出来ず、イライラが大爆発。
どうすることも出来ないからやむを得ずしばらく放置していたら、ようやくダウンロード出来た。。。
どうやら、クレジットカードの認証に時間が掛かっていたっぽい。

このように色々と不親切。

さて、ロストオデッセイについて触れます。
360独占タイトルである、大作RPG。
旧ファイナルファンタジーの坂口博信氏による作品です。
Xbox Oneでの下位互換が発表されていたのは知っていたので、近所のブックオフやゲオ、ゲームショップを探しに行ったんですが、ゲオで見つけたものの、パッケージのみで中身のディスクが見つからない、という全く持って意味不明なトラブルが発生。
他店のゲオに在庫があるということで、取り寄せに。
後日、500円で購入出来ましたが、お詫びにということで、500円の割引券をもらった。

DSCN2361.jpg

・・・それだったら、最初から無料にしろよ、と突っ込みたくなる僕。

信じられないことに、ディスク購入の直後、Xbox Games ストアにてロストオデッセイのダウンロード版の無料配布が期間限定で始まった(苦笑)。
本当にもう苦笑いするしかなかったわ。。。

せっかく買ったXbox Oneですから、活用しようと思います。
クドいようですけど、やりたいゲームはフォルツァしかないんですけどね。。。

僕、基本的に洋ゲーって、ダメなんですよ。
魅力を感じないし、そそられない。
そもそも洋ゲーのセンスが生理的に受け付けない。
ロボットやら、SF映画っぽいのやら、サバイバル系やら、ホラー系やら、大げさなアクションやら、そんなんばっかでしょう?
近未来のサイバーパンクとか、そういうの僕、一切ダメなんで。
映画っぽいゲームをやるぐらいなら、映画そのものを見ろよ!と言ってしまったら身も蓋もないか。。。

とにかく、ドンパチやるFPSなんて、僕の価値観にはそぐわないし、いかにも海外の作風らしいオープンワールドなんて興味が湧かない。
でも、今のゲームって、そういった洋ゲーが主流なんでしょう?
ましてや、Xboxなんて、海外のゲーム機だし。。。
和ゲー?(僕的には邦ゲー)と呼ばれている国産のゲームを中心に遊びたいなら、PS4か、来年発売されるニンテンドースイッチがベストでしょう。

そう考えると、Xbox 360時代は本当にバランスが取れていたんだと思います。
デッド・オア・アライブは独占タイトルだったし、リッジレーサーもあり、バーチャファイターもあり、鉄拳もあり、ソウルキャリバーもあり、スト4もあり、ロストオデッセイもあり、ブルードラゴンもあり、スターオーシャンもあり、さらには天外魔境まであり、そして国産の縦スクロール・シューティングゲームの数々・・・

だが、今はどうだ?
リッジレーサーもバーチャファイターもシリーズ終了に等しいし、360時代は力を入れていたJ-RPGの独占タイトルなんて皆無だ。
こういう現状を見ると、和ゲーはオワコンと呼ばれるのも分かる気がする。
メーカー内での開発チームの解散や主要スタッフ、主力スタッフの離脱、レース・ゲームや対戦格闘ゲームが廃れたのも痛い。
完全に時代の流れに乗り遅れたなぁ・・・って、つくづく感じます(はぁ。。。)

XboxにもPSにも言えますけど、リッジレーサーやDOA、バーチャファイター等の続編が出ないなら出ないで、過去の資産を今も活用出来るように、下位互換なりコレクターエディションみたいな形で現行機種でも遊べるようにして欲しい。
そういう意味でもXbox Oneの下位互換(国産ゲーム)にはもっと頑張ってもらいたい。
ブルードラゴンやロストオデッセイが互換されたのなら、DOA3と4、リッジレーサー6も本当に互換して欲しい。
DOAとリッジの下位互換が来ない限り、いつまで経っても360をしまえない・・・

色々と否定的な意見が続きましたが、購入したXbox Oneには、ヘイロー マスターチーフコレクションがバンドルされていることだし(どうせなら、フォルツァにしてほしかったけど)、これをきっかけにFPSもちょっと遊んでみようと思います。
ただの食わず嫌いかもしれないですから。
フォルツァだけでXbox Oneを終わらせるのは、さすがに勿体無いですからね。。。
PS4も今のところやりたいゲームはほとんどないですけど、僕は基本的にマイノリティ派ということもあり、僅かな期待も籠めて、ここは敢えてXbox Oneを応援します!

P.S.
何だかんだで、これでXboxハードも全て購入したことになりました。
ニンテンドースイッチ購入の有無に関しては、サードパーティー製のソフト次第です。
子供の頃ならともかく、今となってはさすがにマリオやゼルダの新作には興味がないので・・・
F-ZEROの新作が出たら、それはやりたいけど。




■関連記事

・Xbox Oneが19,800円で投げ売りされている・・・
・遂にXbox 360本体を買った!(※ 長文です)
・遂にPS4 Proを買いました (※長文です)
・遂にレトロフリークを買いました(※ 長文です)




スポンサード リンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました