So-net無料ブログ作成

フロイドローズの弦交換、超めんどくせ [趣味]

今日は久し振りに趣味のエレキギターについて。
弦が錆びてきてスムーズなフィンガリングが出来なくなってきたので今日弦を交換しました。
ランディVを買ってから2回目の交換です。

DSCN0520.jpg
↑これは以前の画像なので、まだアームは取り付けられていません

古い弦をニッパーで切って、新しい弦を巻くだけ・・・
では終わらないのがフロイドローズ。

まず今回はギター本体のクリーニングもしたかったから一気に全弦を外しました。
フロイドローズの場合、これだとユニット全体がバネの力で落ちてしまう。
この時点で大変。
クロスを噛ませてもあまり効果がなかったので、アームアップしながらブリッジを浮かせた状態で、六角レンチを半時計周りに回して弦を外して・・・

久々の弦交換だったんで巻き付ける長さも忘れてしまい、ネットで検索。
もう初心者同様です・・・

何とか全部の弦を張り終わったと思ったら、ブリッジの高さが平行じゃない。
今度はボディ裏側のバネのネジをプラスドライバーで調整。
これまためんどくせ・・・
チューニングしてはバネのネジを調整して、またチューニングしては・・・その繰り返し。
全部で3時間掛かった。
貴重な休日なのに・・・

ランディVのデザインとサウンドは好きなんですが、フロイドローズは調整が面倒臭くて嫌だな。
素人が手を出すようなギターじゃない。
僕はただメタルを演奏したくて、ランディVを選んだだけだったんだけど。
次は大人しくストラト買って、ピックアップをハムバッカーにしよう・・・

P.S.
無事にチューニングが終了して、ギターをアンプに繋いでみたら、音が全く出ない!
エフェクターに繋いでも音が出ない!
シールドを交換しても音が出ない!
弦を交換する前は普通に音が出ていたのに何故?!
意味が全く分からない・・・

うわぁ~、修理か~
マジ、最悪・・・
このタイミングでの急な出費は痛過ぎるぞ・・・
何よりも大好きなギターを弾けないのが痛過ぎる。

と思ったが、解決策をネットで検索しながら、ふとボリュームツマミを回してみたら音が出た!
良かった~
ボリュームツマミなんて弄った記憶ねぇぞ・・・





■関連記事

・ランディV、気に入った!




スポンサード リンク



nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました