So-net無料ブログ作成

福郎の近況 [日記]

久し振りの日記です。
更新していなかった分、想うことはたくさんありますので、今日はフリー・テーマで、ざっくばらんに綴ります。

まず、今月の18日で、このブログは、おかげさまで、1歳を迎えました。
1年前は、こんなことを綴っていたんですね↓

ごあいさつ

1年前の記念すべき初投稿の時から、今の会社・仕事の不満を綴っていますね・・・
ダメなものはダメですし、不味いものは不味い。
誰に何を言われようが、嫌なものは嫌ですからね。
自分でも、よくやっていると思います。
有森裕子さんじゃないですけど、自分を褒めてやりたいですよ。

その会社・仕事についてですけど、本当に酷いもんです。
スタートからラストまでの勤務が決まった、今月の頭。
具体的に言えば、朝6時~約21時頃まで。
終わらなければ、当然、22時を過ぎることも。
拘束時間は何時間だと思っているのか?
平均15時間ですよ?
こんなのが毎日のように続いていたのですから、ブログを更新する時間的余裕なんて、作れるはずがありませんでした。
それ以前に心身がもちません。
疲れと眠気で、帰りの電車で寝過ごした時は、

「もう俺には、この腐った現状をどうすることも出来ないんだ。
ただ、流れるがままに、この狂った時間に身を任せるしかないんだ・・・
俺は、何て無力なんだ・・・
俺はこんな目に遭うために生まれてきたというのか・・・?」

・・・といった具合で、本当にノイローゼになりそうでした。
ここまでくると、もはや、怒る気力もない。
鬱病になる人の気持ちも分かりますよ。

聞いた話ですが、今月、ある人は、昼11時~翌朝4時まで、もう一人は、朝7時~深夜1時まで勤務していたそうです。
マジで、馬鹿じゃねぇのか?この会社。
こんな状態でやらせるなら、もう、完全に、日勤と夜勤の二交代制にしろよ。
おそらく、会社としては、夜勤手当を払いたくないんでしょうけどね。
もう、僕は、いつでも労働基準監督署に乗り込む腹づもりでいますよ。

それと、仕事量が人員を完全に上回っている。
物理的に、こなせるわけがない。
会社は、それを無理にやらせるから、このように、拘束時間が15時間だの何だのといった状況になる。
パンクして当たり前。
さすがに、会社も少しは理解を示したのか、残業を極力抑えるよう、指示を出すようにはなりましたがね。

上層部は、仕事を取ってくることしか考えてねぇ。
現場の状況分かってんのか?
それで、ガタガタ文句を言うなら、上層部も現場に入って手伝えと言いたいぐらいだ。
いつだって、しわ寄せを受けて、ボロ雑巾のように扱われるのは、末端で働く現場従業員なのだ。
まぁ、僕のところの会社に限った話ではないんでしょうけどね。

何を言っても、こういう真っ黒な体制が出来上がっている会社ですから、決して変わらないでしょう。
だからこそ、一日も早く、辞めるしかないのです。

・・・話題を変えましょう。
ここ最近、ずーっとブログを更新していなかったわけですが、ブログから離れてみて感じたのは、『自由』でした。
僕の場合、ブログ更新には時間が掛かりますので、どうしてもプライベートの制約が大きくなります。
そのブログ更新をやらなければ、その分の時間を自由に使えるわけですから、肩の荷が下りた想いです。
どうしても、「ブログを更新しなければならない」というルールを、自分で勝手に作ってしまいがちでしたから。
今まで、毎日、更新していましたから、間隔を開けるのが、何となく怖くてね。
でも、そういうしがらみから解放されると、楽ですよ。
あまりほったらかしにしておくのもマズイですが、必死になって、毎日ブログを更新するのも苦痛だ。
石井裕之氏もおっしゃっていましたが、何事もバランスが重要です。

さて、作り置きの記事もあるのですが、まだ未完成です。
また、以前から申し上げているように、プライベートではあるプロジェクトが動いている最中ですので、ブログ更新もまちまちになるでしょう。

・・・こんな調子ではありますが、今後ともよろしくお願いしますm(__)m


スポンサード リンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました