So-net無料ブログ作成
検索選択

【小型ギター・アンプ】VOX MINI5 Rhythmを買いました【自宅練習】 [趣味]

先月24日の日記(→音楽雑記)でも、ちょっと触れましたが、結局、ギター・アンプを買っちゃいました[たらーっ(汗)]
ハッキリ言って、最初から、大人しく、ギター・アンプを買っていれば良かったです[もうやだ~(悲しい顔)]
そうすれば、わざわざ、UR242(オーディオ・インターフェイス)を買わなくても済みました[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
後ほど、その理由も綴ります(非常に長い駄文になりますので、あしからず[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)])。

さて、こちらが、僕が購入したギター・アンプ、『VOX MINI5 Rhythm』です↓

DSCN0751.jpg


小型ギター・アンプを購入するに当たって、あれほど、悩みに悩んだわけですが(→ギター・アンプを買いたいんだが、どれが良いんだっ?!)、何故、VOX MINI5に落ち着いたのか?

まず、消去法です。
オーディオ・インターフェイスである、UR242を購入した直後でしたし、そもそも、US-100も手元にあるので、USB端子付きのギター・アンプは、やはり、いらなかった。
オーディオ・インターフェイスを持っている以上は、パソコン上で、アンプ・シミュレーターはいくらでも試せるわけですから。
VOX MINI5にもUSB端子が付いていれば、一番、ベストなんですが、完璧なんてあり得ませんよね[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
まぁ、ゆくゆくは、USB端子付きの小型ギター・アンプが、VOXからも、リリースされるとは思いますが。

・・・とにかく、何で妥協するか?取捨選択することになります[台風]

ちなみに、この、VOX MINI5にも、HR/HM向けのアンプ・シミュレーターは内蔵しています↓

・CALI METAL → Mesa Boogie Rectifier Series
・US HIGAIN → Soldano Reverb-O-Sonic


・・・だそうです。
詳しくは、こちら

というわけで、HR/HMをメインでギターを弾きたい僕としては、アンプ・シミュレーターに関して、特に問題はありません(Peavey風のアンプ・シミュレーターも、試してみたかったのはありますが)。

そんな中で、一番の決め手になったのは、やはり、リズム機能が付いていること[exclamation]
これは、他のどのメーカーのギター・アンプにも、搭載されていない(であろう)機能です[ぴかぴか(新しい)]
やっぱり、ボタン一つで、ギター・アンプから、様々なリズムを簡単に鳴らせる、この使い勝手の良さは、無視出来ません。
リズムなしで、ギターの練習をするのと、リズムありで、ギターの練習をするのとでは、天と地の開きがありますからね。

DSCN0750.jpg


さて、それでは、実際に試奏してみて、僕が気になった点を挙げます。

まず、スケールを弾いていて、右手にしろ、左手にしろ、ハーフ・ミュート気味になった時、何か、不自然に、音がフェード・アウトしていきます(?)。
仕様なんだろうけど、これ、結構、気になりますね[台風]
いや、ただ単に、僕の演奏が下手なだけかもしれないが[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]
でも、パソコンで、アン・シミュを使っていた時は、こんな現象は起きなかったしなぁ[台風]
もしかしたら、設定で改善出来るのかもしれません。

もう1点は、リズム機能のテンポ変更は、つまみを回して行うので、正確な数値でBPMの設定が出来ないこと。
僕は、練習するリフやリックの速さに合わせて、その都度、適当にテンポを変更してますけどね[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

でも、気になったのは、それぐらいですかね。
小さい割には、本当に、パワーのあるサウンドが出ますっ[exclamation][雷][雷][雷]

出力も、スイッチを切り替えるだけで、0.1W、1.5W、5.0Wと、3段階の変更が出来るんですが、何気に、これ、確かに便利ですね[ぴかぴか(新しい)]
日中だったら、5.0Wで、ギュワァァァーーーンッッッ[exclamation]と、大音量で、ギターを鳴らし、夕方は、1.5Wに切り替えて、抑え気味に練習。
夜になったら、0.1Wにして、小音量で弾く、といった具合でね。

あと、これは、どのメーカーのギター・アンプにも搭載されているとは思いますが、リズム機能以上に重要だと痛感させられたのが、AUX IN端子です。
単に、フレーズやバッキングの練習目的であれば、リズム機能は、本当に重宝するんですが、楽曲に合わせて練習する場合、AUX IN端子の計り知れない恩恵を受けられます。

僕の場合、

パソコン(曲の再生) → オーディオ・インターフェイス(UR242) → VOX MINI5

・・・といった具合で、接続してます。
ちなみに、UR242のヘッドフォン端子は、TSフォン変換プラグを使っています。

2015050601.jpg


TRSフォン変換プラグだと、VOX MINI5本体にヘッドフォンを接続した時、左側からしか楽曲が聴こえなかったので[音楽][あせあせ(飛び散る汗)]
ヘッドフォンを使わない時は、TRSフォン変換プラグで良いんですけどね[あせあせ(飛び散る汗)]
あ、ヘッドフォンはもちろん、ステレオ仕様(ソニー製のMDR-CD900ST)ですし、接続しているケーブルや、ステレオ・ミニです。

話を戻して、ギター・アンプで曲を聴くのは、CDコンポで聴くのとは、また違う迫力があって、良いね[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
意外にも、結構な音圧が出て、ビックリ[exclamation]
と言うのは、UR242のフォン出力端子からではなく、ヘッドフォン端子から、ギター・アンプのAUX IN端子へ接続しているので。

ここで、最強(?)のギター練習方法を、お教えしちゃいます。

誰でも思いつく練習方法だとは思いますが、まず、パソコン上で、練習したい曲を再生します。
この時、スロー再生アプリを使います。
僕が使っているのは、フリー・ソフトの、『聞々ハヤえもん』です。
再生速度を落とせば、どうしても音質も落ちてしまいますが、聴けないレベルではありません。

今回の場合、オーディオ・インターフェイスとギター・アンプを接続しているわけですから、パソコンで再生している曲は、当たり前ですが、そのまま、ギター・アンプから流れるわけです。

つまり、練習したい曲を、好みのスピードに変更しつつ、それをギター・アンプを通して、一緒に練習出来るわけですよ。

これを応用して、Guitar Proをギター・アンプで鳴らせば、例のオーディオ・インターフェイス、US-100でも、充分、間に合わせることが出来るわけです。
だって、パソコン上でアンプ・シミュレーターを使わない、つまり、DAWを使わないわけですから、ASIO4ALLもいらないわけです。
単に、US-100を、オーディオ再生フィルターとして使うだけなのですから。
そうであれば、わざわざ、UR242というオーディオ・インターフェイスを、新たに買う必要もなかったわけです[もうやだ~(悲しい顔)]
US-100だと、パソコン上で、ギターを録音する場合、UR242に比べて、色々と制約はありますけどね。

・・・実は、UR242を購入する前に、上記にあるようなことも、考慮はしていたんです。
あれだけ時間を掛けて、迷っていたんですから、当然、アンプ・シミュレーターはパソコン本体ではなく、アンプ本体のものを利用し、ASIOに対応していないオーディオI/F(US-100)は、再生専門にし、アンプ本体のAUX IN端子を使って、連携させることぐらいは、考えていました。

でも、UR242なら、レイテンシーを劇的に改善出来ると、信じていたんですよね・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
あまり、物を増やしたくなかったのもありますし。

話は逸れますが、僕は、UR242をパソコン本体ではなく、USBハブを通して、接続しているんですよね、実は[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
レイテンシーが低くならないのは、もしかしたら、これが原因なのかもしれません[がく~(落胆した顔)]
VOX MINI5を買ってしまった今、試す気はあまりありませんが[たらーっ(汗)]
USBハブを使わなきゃいけないぐらい、パソコン・パーツを色々と接続していますし、僕は[あせあせ(飛び散る汗)]

・・・話を戻しましょう。
そんなこんなで、AUX IN端子を利用して、パソコン上で鳴っている曲を、ギター・アンプで再生することで、ギターの練習が、飛躍的に、捗ります[exclamation]
エレキ・ギターを弾くのって、こんなに楽しいものだったのか[ひらめき]
今更ながら、カルチャーショックのようなものを受けています[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]
良い時代になったもんですねぇ[猫]

VOX MINI5本体に話を戻すと、他にも、エフェクター機能が付いています。
僕は、エフェクターはほとんど試していませんので、何とも言えませんが、コンプレッサーだけは使っています。
これは、必須です。
これを使うことで、サスティーンが伸びるようになるので、レガートで弾く場合に必要になります。

総合評価としては、買って良かった[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
音圧もあるし、アンプ・モデルも色々と入っている。
エフェクターもちょっと試せるし、何より、リズム機能付き[exclamation]
即、リズムに合わせてギターを弾けるこの楽チンさは、本当に重宝しますね[ぴかぴか(新しい)]
値段も1万円以下と、非常にリーズナブルですし、ギター初心者~中級者には、これで充分過ぎるぐらいだと思います。




スポンサード リンク



nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 1

Hiroaki

ギター久しぶりに始めました。
アコギでやっていましたがエレキギターを購入しましたが音を出すためのアンプを探していました。家で練習用にと探しているうちにVOXのアンプの評判はどうなんだろうと思い書き込みを拝見させていただきました。

いろいろ詳しく書かれていたので参考にさせていただきました。
ありがとうございました。


by Hiroaki (2017-01-23 18:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました